52387540_406025396609057_39186053248057344_n

想いの循環

2018年の大晦日、こんなメッセージが彩花に届きました。私はバスで移動中… そのバスの中で思わず感涙。。 届けたい想いがある、受け取って感じる想いがある、その想いをまた伝え、受け取り感涙…。 人の心は本来温かなもの。面倒くさがらず発したら… 想いの循環が始まります。

「本日12月31日にお祝いのお花が届きました。

添えていただいたメッセージがとてもうれしくて、明るい内容の中にしみじみ感動するものもあり、ご連絡させてもらいました。

家族の前では恥ずかしさもあり、うれしさは笑顔と言葉で表現するだけですが、

みんなが帰った後に涙が出ました。

娘は1才ですがお花の美しさや贈り物のうれしさはわかるようで、届いたお花を

何かわからない言葉を話しながら笑顔で指差していました。

お花の美しさと香り、メッセージでより思い出深い誕生日になりました。年始のお忙しい時期かと思いますので返信は結構です。ありがとうございました。」 <原文そのまま>

52527113_319543025572649_3717406366348869632_n

おばあちゃまが彩花にお見えになられ、こんなエピソードとご要望をお聞かせくださいました。

「12/30が孫娘の誕生日、ママの、私の娘なんですけどね、が12/23が誕生日だったのでそのお祝いに♪ 和ばらメインで、やわらかなイメージのアレンジでお願いします♪ ぽっちゃりしていてね、もうね本当に可愛いのよ~♪ これから楽しみ♪」

52454242_755784624777770_1928105329929748480_n

一人ひとりに、その時その時の想いがありますね。だから一人ひとりと出来るだけ同じ想いになって、エピソードを聴かせていただき、言外に溢れる想いを汲み取り、お花と言葉で表現します。

想いが届きますように。贈る人、受け取る人その両方が幸せになれますようにと。

感謝を込めて 想いと共に 花処 彩花 石田 学

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)