「日本の美しいを求めて」~沖縄編~

今日は朝方 太陽が出ていて良いお天気でしたが、湿った空気が流れ、梅雨はもう少しという感じがしますね。

先月の末、沖縄は梅雨入りをしました。

ちょうど、そんなニュースが流れてきた日に 沖縄に上陸いたしました。。。もちろんお天気は雨。

しかし、しっとりと雨が降っている沖縄も素敵でした☆

今回は、琉球ガラスを求めて沖縄へ行ってまいりました。

彩花では「和ばら」に合う花器をお店でもディスプレイしていますが、そのほとんどが 「和」の器。陶芸品です。

陶芸品もとても素敵ですが、ガラス。。。もまた日本には多くの作品があります。

何となく「ガラス」というと、今は「バカラ」や「チェコガラス」など、海外のものを連想してしまいますが 日本にも昔から素敵なガラス製品が多くあります。

トンボ玉なんかもとっても素敵ですよね♪

今回は「琉球ガラス」人間国宝級の作家さん「稲嶺 盛吉」さんの作品をどうしても実際に見てみたくて、沖縄まで足を運びました。

ガラスを作る時に気泡が入るのはタブー。いわゆる「失敗」なのですが、稲嶺さんはそんなタブーを 独自の技法やデザインアートにしてしまった方。

きっと、職人さんの中ではご法度だったと思うのですが

それを、突き抜けてきたからこその重厚さと繊細さが作品に現れるのですね。

そんな、稲嶺さんの作品は「宇宙」を感じさせるものでした。

そこから離れられない感じ・・・ 素晴らしかったです。

IMG_1893IMG_1894

 

稲嶺さんの作品はとても素晴らしかったのですが「和ばら」のソフトではんなりした感じとイメージが合わず、お店用に購入はしなかったのですが、本当にどれも素敵な作品ばかりでした。

(個人用には購入させていただきました(^^♪ )

琉球ガラスも作家さんによって、作風や雰囲気はさまざまで

その違いを見られたということも、現地に足を運んでこその体験かな・・・と思います。

彩花には・・・

「和ばら」にピッタリ!!と瞬間的に感じた 一輪挿しを持ち帰ってきました。

それが、こちら

IMG_1934

綺麗なパステル調のグリーンとガラスのバランスが絶妙で

水差しのような形状は、切り花だけれども 少し頭が垂れる「和ばら」にピッタリ♪

IMG_1932

来店されるお客様からも「これ、欲しいです!!」との声を多く頂きました。

直線で生けても、素敵です。

11377374_752419998212783_8939594939640398511_n

こちらは「煌工房」さんの作品です。お値段も お求めやすい価格帯ですので、彩花でも取扱いをさせていただきたいな。。。と考えているところです。

日本には、まだまだ素敵なものが沢山あります。

絶対に日本の物!というわけではなく、日本の素敵なものを知っていれば、海外のものとの対比も もっと楽しく出来るのではないかと。。。と思っております。

今後も少しずつではありますが「日本の美しい」をお花と共に発信していきたいと思っております。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

感謝を込めて

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>