~お花のお手入れ~

ここ数日は梅雨らしい空模様。

湿度が高く寝苦しいこともあるかと思います。

これから、夏に向けてどんどんと気温が上がっていくのでしょうね。

夏。。。といえば 「お花がもたない」

そんな風に感じて、お花離れをしてしまう時期でもあるようですね。

確かに、ここ数年の日本の夏は暑く、毎日 熱中症に注意を促すニュースが流れます。

人も暑さでバテてしまうのですから、お花も同じです♪

私たちと同じように生きていますので。

窓を閉めきり、空調もoffになっている まるでサウナのような部屋

に一日居たら、人間も完全にバテてしまうのと同じように

お花もバテてしまいます。

そして! 汗をかいたらお風呂やシャワーに入ってサッパリする。水分を補給する。

着ていたものは洗濯するetc・・・

人は身の回りのことを自分で出来ますが、お花は出来ないので

やはりお世話してあげないと生きていけないのですよね。

なるべく風通が良く涼しい場所に置いてあげる。

お花も私たちと同じように呼吸をしているので、老廃物を出します。

なので、花瓶のお水はこまめに変えてあげる。

特に夏は気温が高いので、水中にバクテリアが増殖してしまうので、少し大変かもしれませんが

こまめに変えてあげることがお花が長く美しく生きていてくれる

ことに繋がります。

いつも綺麗なお水に入れてあげて下さいね。

IMG_1968

お水を変える時に、茎の先端を5mmほどカットしてあげると

水揚げがよくなります。どうしても先端は目詰まりをして水揚げが悪くなるので。。。

その際に、少しでも水に触れる面が大きくなるよう、写真のように斜めにカットしてあげるのが良いですよ♪

IMG_1961IMG_1962

また、水に浸っている部分の茎は滑りが発生するので

そのままにしておくと茎の部分が腐敗してしまうので、水で滑りを洗い流してあげて下さいね。

なかなか水が上がらない場合は「湯あげ」も効果的です。

「和ばら」でしたら、40℃~45℃ぐらいのお湯に4~5分つけてから

常温のお水へ入れてあげるとシャキッと水があがります。

季節の紫陽花は、熱湯に2~3秒つけてから常温水へ入れてあげるとしっかりと水が上がります。

(※湯上げが適さないお花もありますので、ご注意下さい)

寒い時期に比べると、確かにお花のもちは短くなりますが

人と同じように、お手入れをしてあげればその期間は延びていきます。

私たちが心地よいと感じることは、きっとお花も同じだと感じます。

私たちを楽しませ、癒してくれるお花を大切にお世話をしていただけたら嬉しいです。

すこしでも長く、この美しさを・・・

IMG_1964

本日も最後までお読みいただき、ありがとうござしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>