DSC_0044

和ばら撮影会 『彩花にスタジオ出現』の巻き

皆さまこんにちは♪

2月28日(日)は人気のイベント「和ばら撮影会」でした。

今回の参加者さんは、毎回出席のベテランさんと なんと!プロのカメラマンがご参加下さいました(#^.^#)

もちろん、講師は『いのセンサー』こと いのせ よしあき氏

今回の参加者さんを見て、いのせ氏は色々と準備してきてくれました!

ベテランさんとプロのカメラマンさん。そんな方々 が楽しめるようなレッスン。

それは。。。ストロボを使っての撮影。

ストロボと自身のカメラの設定で、色々な風合いの写真を撮影する。

彩花に、ミニ撮影スタジオが出現したかのようでした♪

プロのカメラマンさんは、こんな風に自由に何枚も撮れるということは、あまりない機会なので「楽しい!」と言って下さいました。

そっか。。。普段はお仕事だから、時間等 色々と制約があるものね・・

先生も生徒さんも真剣!夢中!

IMG_3016

またもや、職権乱用の私 女将も撮らせていただきました(≧▽≦)

DSC_0034 DSC_0044

私は彩花の女将ですので、お花の写真を撮ることが多いです。

写真を撮る時にいつも感じることは、実際に自分が見ている感じている お花を撮りたい。それは形状や色ということではなく、その花が発しているメッセージや雰囲気。同じ品種のお花でも、その娘、その娘で訴えかけてくるもの違うから。

それを どうやったら出来るのか?ということを最近はよく考えます。

きっとそれは「繋がり」「エンゲージメント」なのかな?と感じたのです。

自分の周りに居てくれる人、場所、物、空間 等々 それをどれだけ大事に出来るか。想うことが出来るか。

例えば、このカメラ

IMG_3026

いつも、写真を撮ってくれる 私の相棒です。なかなか こういう風に紹介することは無いのですが、この一眼君が頑張ってくれています。

この一眼君には様々な機能がギュギュっと詰まっています。使う側がその機能を惜しみなく使うことが出来たら、きっとこの一眼君も喜ぶに違いない!と思うんです。

生きているものではないけれど、使う側が息吹を吹き込むことは出来るのでは?と。。。

そうすれば、自分、カメラ、 被写体との繋がりが生まれ

こんな写真が撮りたかったの~~~という結果に繋がるのでは

ないかな~~~と思いました。

エンゲージメントという言葉をすごく意識し始めたのは、昨年末ぐらいから。

エンゲージメントマナーの本質を教えてくださった方がいたからです。

繋がりって本当に大切なことですね。

ご興味のある方、ご覧ください♪ ↓

(社)日本エンゲージメントマナー・コンシェルジュ協会

和ばら撮影会も今後はもう少しバージョンアップしていく予定です♪

楽しみにお待ち下さいませ!

彩花 女将

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>