カテゴリー別アーカイブ: 女将のブログ

~お花のお手入れ~

ここ数日は梅雨らしい空模様。

湿度が高く寝苦しいこともあるかと思います。

これから、夏に向けてどんどんと気温が上がっていくのでしょうね。

夏。。。といえば 「お花がもたない」

そんな風に感じて、お花離れをしてしまう時期でもあるようですね。

確かに、ここ数年の日本の夏は暑く、毎日 熱中症に注意を促すニュースが流れます。

人も暑さでバテてしまうのですから、お花も同じです♪

私たちと同じように生きていますので。

窓を閉めきり、空調もoffになっている まるでサウナのような部屋

に一日居たら、人間も完全にバテてしまうのと同じように

お花もバテてしまいます。

そして! 汗をかいたらお風呂やシャワーに入ってサッパリする。水分を補給する。

着ていたものは洗濯するetc・・・

人は身の回りのことを自分で出来ますが、お花は出来ないので

やはりお世話してあげないと生きていけないのですよね。

なるべく風通が良く涼しい場所に置いてあげる。

お花も私たちと同じように呼吸をしているので、老廃物を出します。

なので、花瓶のお水はこまめに変えてあげる。

特に夏は気温が高いので、水中にバクテリアが増殖してしまうので、少し大変かもしれませんが

こまめに変えてあげることがお花が長く美しく生きていてくれる

ことに繋がります。

いつも綺麗なお水に入れてあげて下さいね。

IMG_1968

お水を変える時に、茎の先端を5mmほどカットしてあげると

水揚げがよくなります。どうしても先端は目詰まりをして水揚げが悪くなるので。。。

その際に、少しでも水に触れる面が大きくなるよう、写真のように斜めにカットしてあげるのが良いですよ♪

IMG_1961IMG_1962

また、水に浸っている部分の茎は滑りが発生するので

そのままにしておくと茎の部分が腐敗してしまうので、水で滑りを洗い流してあげて下さいね。

なかなか水が上がらない場合は「湯あげ」も効果的です。

「和ばら」でしたら、40℃~45℃ぐらいのお湯に4~5分つけてから

常温のお水へ入れてあげるとシャキッと水があがります。

季節の紫陽花は、熱湯に2~3秒つけてから常温水へ入れてあげるとしっかりと水が上がります。

(※湯上げが適さないお花もありますので、ご注意下さい)

寒い時期に比べると、確かにお花のもちは短くなりますが

人と同じように、お手入れをしてあげればその期間は延びていきます。

私たちが心地よいと感じることは、きっとお花も同じだと感じます。

私たちを楽しませ、癒してくれるお花を大切にお世話をしていただけたら嬉しいです。

すこしでも長く、この美しさを・・・

IMG_1964

本日も最後までお読みいただき、ありがとうござしました。

「日本の美しいを求めて」~沖縄編~

今日は朝方 太陽が出ていて良いお天気でしたが、湿った空気が流れ、梅雨はもう少しという感じがしますね。

先月の末、沖縄は梅雨入りをしました。

ちょうど、そんなニュースが流れてきた日に 沖縄に上陸いたしました。。。もちろんお天気は雨。

しかし、しっとりと雨が降っている沖縄も素敵でした☆

今回は、琉球ガラスを求めて沖縄へ行ってまいりました。

彩花では「和ばら」に合う花器をお店でもディスプレイしていますが、そのほとんどが 「和」の器。陶芸品です。

陶芸品もとても素敵ですが、ガラス。。。もまた日本には多くの作品があります。

何となく「ガラス」というと、今は「バカラ」や「チェコガラス」など、海外のものを連想してしまいますが 日本にも昔から素敵なガラス製品が多くあります。

トンボ玉なんかもとっても素敵ですよね♪

今回は「琉球ガラス」人間国宝級の作家さん「稲嶺 盛吉」さんの作品をどうしても実際に見てみたくて、沖縄まで足を運びました。

ガラスを作る時に気泡が入るのはタブー。いわゆる「失敗」なのですが、稲嶺さんはそんなタブーを 独自の技法やデザインアートにしてしまった方。

きっと、職人さんの中ではご法度だったと思うのですが

それを、突き抜けてきたからこその重厚さと繊細さが作品に現れるのですね。

そんな、稲嶺さんの作品は「宇宙」を感じさせるものでした。

そこから離れられない感じ・・・ 素晴らしかったです。

IMG_1893IMG_1894

 

稲嶺さんの作品はとても素晴らしかったのですが「和ばら」のソフトではんなりした感じとイメージが合わず、お店用に購入はしなかったのですが、本当にどれも素敵な作品ばかりでした。

(個人用には購入させていただきました(^^♪ )

琉球ガラスも作家さんによって、作風や雰囲気はさまざまで

その違いを見られたということも、現地に足を運んでこその体験かな・・・と思います。

彩花には・・・

「和ばら」にピッタリ!!と瞬間的に感じた 一輪挿しを持ち帰ってきました。

それが、こちら

IMG_1934

綺麗なパステル調のグリーンとガラスのバランスが絶妙で

水差しのような形状は、切り花だけれども 少し頭が垂れる「和ばら」にピッタリ♪

IMG_1932

来店されるお客様からも「これ、欲しいです!!」との声を多く頂きました。

直線で生けても、素敵です。

11377374_752419998212783_8939594939640398511_n

こちらは「煌工房」さんの作品です。お値段も お求めやすい価格帯ですので、彩花でも取扱いをさせていただきたいな。。。と考えているところです。

日本には、まだまだ素敵なものが沢山あります。

絶対に日本の物!というわけではなく、日本の素敵なものを知っていれば、海外のものとの対比も もっと楽しく出来るのではないかと。。。と思っております。

今後も少しずつではありますが「日本の美しい」をお花と共に発信していきたいと思っております。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

感謝を込めて

 

 

 

 

 

 

美器と和ばらのコラボ

久しぶりの投稿になってしまいました(*_*;

まだ5月だというのに気候はすっかり初夏の装いで、汗ばむこともしばしばですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

5月22日、23、24日と沖縄へ「日本の美しい」を求めて行ってまいりました♪

その様子はまた、後日あらためて(#^.^#)

今日は、タイトルにあるように「美器」とそれを作成されている素敵な作家さんをご紹介いたします。

ご縁がありまして、器と和菓子を ご自身のスタイルで作られる作家さんと出逢うことが出来ました。

彼女の作る器は本当に素敵で。。。特に色味がビビっときてしまうのです。

海?宇宙?地球?新緑? この世界にありそうで無いような。。。

一度見たら忘れないような彩色。 一目ぼれでした。

この素敵な器に和ばらをお菓子のように美味しそうに設えてみよう!

「美味しそう~~~」と言ってもらえるような。。。

スタッフさんに「美味しそう!!」という感想をいただき、女将はニンマリ(*´ω`)です。

DSC_0598DSC_0600

器の何とも言えないブルーグリーンに和ばらが しっくりくるんです。

こんな素敵な器を制作している方は・・・・

モード系和菓子+器 のスタイリスト 諸星 みどりさん

10269355_861784667181500_8972583985585873712_n10993952_1062488907111074_4719534666599271026_n器と和菓子。。。 どちらが先なのか

器に合う和菓子なのか・・・ 和菓子に合う器なのか・・・

どちらにせよ、こんな風におもてなしをされたら幸せですよね!

器と和菓子で四季を表現するなど、諸星さんの創造力に感動してしまいます。

一度、是非 実際に感じてみて下さい♪

彩花は「日本の美しい」をお花と共に多くの方へお繋ぎするのがコンセプト♪

諸星さんの器と和菓子・・・そして彩花のお花たちとの素敵なコラボレーションがあるかも。。。

本日も最後までお読みいただき有難うございました♪

感謝を込めて

彩花 女将

 

 

彩花の娘たち

 

皆さま こんにちは♪

ここ最近は安定しないお天気で・・・

昨日も夕方から雨が降り出し。

あれ?天気予報で雨が降るって言ってたっけ?と首をかしげてしまいました(>_<)

傘を持っていなかったので、帰宅途中に傘を購入

こうやって傘が増えていくのです。。。( ;∀;)

今日はスッキリとしたお天気で気持ちが良いですね~~~

雨が降らないと良いな。。。

さて、彩花には「和ばらちゃん」達以外にも元気な娘たちがおります。

どうしても、和ばらちゃんを中心にFBをアップしたりブログを書いたりしてしまうので、若干 他の娘たちがジェラシーを感じたりしていて(>_<)

そんな訳で今日は、他の娘たちをご紹介♪

 

トルコキキョウ(セレブワイン)←名前の通りセレブな感じで す。

IMG_1703トルコキキョウは和ばらとの相性もよく、彩花にはいつも品種は異なりますが居てくれる娘です。

この品種の特徴は、蕾の時はグリーンなのですが 花が開くとワイン系の色になっていくこと。

蕾がグリーンなので、この娘だけで花束を組んでも とても素敵に仕上がります。

 

ハイドランジア(アジサイ)

スノーボール

IMG_1705アジサイ?時期が早いんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、市場ではもう様々な品種のアジサイが顔を揃えています。

今回はグリーンが仲間入り。お花自体は小ぶりで、みなさまが認識しているアジサイとは少し形状が違いますが、なかなか存在感があります。

花束やアレンジのアクセントにとっても活躍してくれる娘です。

 

スプレーマム(小菊)

 プリンス

IMG_1704

菊というと仏花を想像してしまいますが、今はマム(菊)の品種は様々。

大輪で、まるでダリアのような花を咲かせるマムもあります。

今は、仏花にとどまらず ブライダルのブーケや装飾などにも使われています。

このスプレーマムも白とグリーンのコントラストがとても綺麗で

この娘だけでブーケを作っても、とても可愛らしいブーケが出来上がります。

アレンジでも、他の花たちを引き立てつつ 存在感を出してくれる

万能選手です。

 

和ばらはもちろん、他の娘たちも 彩花をいつも華やかに

そして優しい空気で包んでくれます。

是非、彩花の娘たちに逢いに来て下さいね♪

今日も素敵な一日を!

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

感謝を込めて

女将

女将の”いけばな”特訓

皆さま こんにちは♪

やっと晴れて暖かくなり、ホッと一息ですね。

さて、彩花は お花と共に「日本の美しい」もお繋ぎしたいとの想いがコンセプトです。

お花、日本の美しい。。。→「いけばな」とピン!とくるのは私だけでしょうか・・・

彩花の女将として、日本の女性として「いけばな」を学びたい。

そんな想いから、彩花「和空間コーディネーター」の芳庵先生に

お願いをして「いけばな特訓」をしていただいています。

今日は、いけばなのお稽古ってどんな感じ?と思っている方へ

少しだけお伝えしますね♪

 

まず”いけばな”の心得を聴きます。

今日の花形を決め、花材を選びます

(花材を選ぶのは意外と難しいです(>_<) )

花形のいけ方、いけ方の由来などもお話ししてくれます。

そして。。。実践へ

まず、自分自身で先生のアドバイスを聞きながら いけていきます。

出来上がりがこちら(自由花)

DSC_0423

出来上がると先生がお手直しをして下さいます。

お手直しをする芳庵先生 真剣な眼差しです。 (この時間 意外とドキドキするのです(>_<))

DSC_0424 DSC_0426

お手直し後がこちら

DSC_0433

毎回思うのですが。。。少しのお手直しで格段に素敵になる。

芳庵先生はいつも

「このままでも素敵なんですよ!でも、これをもっと素敵にする

のが私のお役目なんです。」

とおっしゃいます。

さすがです。。。

お手直し後をしっかりと見て、観て、視て真似ていく

きっとそれが学びなのだと思います。

女将の「いけばな特訓」はまだまだ続きます♪

Before Afterを並べてみました。

何かが違う。。。大きく違う(>_<)

DSC_0423before DSC_0433after

ちょっと興味が湧いてきた方、ピン!!ときた方は是非

体験だけでもされてみてはいかがでしょうか?!

池坊 いけばな教室@彩花の詳細はこちらです→

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

彩花 女将

 

 

 

彩花日和スタート♪

皆さまこんにちは♪ 遂に待望のHPが完成し、ず~~~っとやりたかった彩花のブログ「彩花日和」をスタート。

ここには日々の彩花の様子や女将の呟き、スタッフブログなどなどを綴っていきますのでFB記事同様、宜しくお願い致します!

本日は初回ということで。。。 HP作成ヒストリー(やや大袈裟ですが…)

彩花は応援してくれる仲間たち、お客様 皆様のご協力で立ちあがったお店です。

HP作成もまた同じ。。。

HPの写真を撮影するために、飯能の古民家を一棟貸切をさせていただきました。

これは彩花のコンセプトをどうしても目に見える形で表現したい。。。という想いからでした。

本来は映画やTVのロケ、自主映画製作で使用する古民家。

でも、思い切って連絡してみると。。。

感じの良い男性が 「イイですよ!! いつも予約で半年先ぐらいまで いっぱいなんだけど、ちょうど昨日までメンテナンス期間で予約を受け付けてなくてさ。。。 今日から受付開始なんですよ」と・・・

なんというタイミング! それもまたご縁なのですね。。。

当日も本当に親身にご対応下さり、撮影は楽しくスムーズに行うことが出来ました。

ここの古民家のデビュー作は「永遠の0」だそうです。

佇まいが素敵です♪ 「Fululu古民家山岸邸」

http://fululu.juno.weblife.me/v.html 1922225_1482528932009421_5825004655233873984_n

そして、当日の撮影がスムーズに出来たのは素敵な仲間たちの協力の賜物なのです。 朝早くから飯能まで足を運んでいただいたにも関わらず、一同が「すっごく楽しい撮影!!」と とびっきりの笑顔をくれました。

本当に本当に感謝です。

素敵な笑顔☆ 15460_1482529035342744_4740364735016694863_n

そんな仲間たちをご紹介♪

彩花の想いを理解し写真で最大限に表現してくれたカメラマンさん

いのセンサーこと 猪瀬 祥希氏

http://inosensor.com/10350538_1482529018676079_2220054412217489371_n

彩花「和空間コーディネーター」でHoan’s Works(欲張りフラワー教室)代表

池坊教授 星野 芳庵先生

http://hoansworks.com/ 10270432_1482529055342742_7026742479711534326_n

当日、撮影のアシスタントやセッティングをお手伝いしてくれた

フリーカメラマン 成田 理子さん 988406_1482529008676080_4583451204995802382_n

そして、出来上がった写真を厳選して彩花のコンセプトや女将や主人のわがままを穏やかに聴きながらHPを制作してくれた 友人が運営しているウェブデザインスタジオ

「ティラミス」

http://tirami-su.com/ 10945592_1123359211020470_3157936594710994116_n そして。。。番外編 当日の女将・・・ IMG_0721 何もすることが無く。。。ただ佇む

そんなことはないのですが、皆さんのプロ意識やキラキラ光るエネルギーに感動しておりました。

(撮影 猪瀬氏)

彩花はこれからもご縁や輪、和を大切に成長していきたいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました。

彩花 女将