カテゴリー別アーカイブ: 彩花のブログ

想いの循環

2018年の大晦日、こんなメッセージが彩花に届きました。私はバスで移動中… そのバスの中で思わず感涙。。 届けたい想いがある、受け取って感じる想いがある、その想いをまた伝え、受け取り感涙…。 人の心は本来温かなもの。面倒くさがらず発したら… 想いの循環が始まります。

「本日12月31日にお祝いのお花が届きました。

添えていただいたメッセージがとてもうれしくて、明るい内容の中にしみじみ感動するものもあり、ご連絡させてもらいました。

家族の前では恥ずかしさもあり、うれしさは笑顔と言葉で表現するだけですが、

みんなが帰った後に涙が出ました。

娘は1才ですがお花の美しさや贈り物のうれしさはわかるようで、届いたお花を

何かわからない言葉を話しながら笑顔で指差していました。

お花の美しさと香り、メッセージでより思い出深い誕生日になりました。年始のお忙しい時期かと思いますので返信は結構です。ありがとうございました。」 <原文そのまま>

52527113_319543025572649_3717406366348869632_n

おばあちゃまが彩花にお見えになられ、こんなエピソードとご要望をお聞かせくださいました。

「12/30が孫娘の誕生日、ママの、私の娘なんですけどね、が12/23が誕生日だったのでそのお祝いに♪ 和ばらメインで、やわらかなイメージのアレンジでお願いします♪ ぽっちゃりしていてね、もうね本当に可愛いのよ~♪ これから楽しみ♪」

52454242_755784624777770_1928105329929748480_n

一人ひとりに、その時その時の想いがありますね。だから一人ひとりと出来るだけ同じ想いになって、エピソードを聴かせていただき、言外に溢れる想いを汲み取り、お花と言葉で表現します。

想いが届きますように。贈る人、受け取る人その両方が幸せになれますようにと。

感謝を込めて 想いと共に 花処 彩花 石田 学

 

 

【ご予約を♪】バレンタインデーに贈りたい

2月、まだまだ寒い毎日ですが、イベント事などに想いを馳せるとほんのり胸が温かくなったりしますね♪

バレンタインデー☆彡

女性からでも♪ 男性からでも  その贈りたい想いをお花と共に届けてみてください(^_-)

☆彡ご予約受付けております ☆彡お電話*メール*ご来店*オンラインショップ☆彡気軽にどうぞ☆彡想いと共に(^_-)

 

 

51359078_291551284848006_4722520492769017856_n

51457177_1238272393004007_6218736113415094272_n

感謝を込めて 花処 彩花

 

成人のお祝いに♪まだ間に合います

2019年が本格的に動き出しました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ご挨拶が遅くなり大変失礼いたしました。
新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

気づけば1月14日は成人の日ですね♪
「娘に」「孫に」「姪っ子に」とお蔭様で彩花にもご依頼いただいております。

20年… 長いようで短く 短いようで長かった道のり
いろいろな想いがおありかと存じます。
よろしければ是非その想いを彩花にお聴かせくださいませんか?
その想いを込めて「花」と「言葉」で表現させていただきます。

和服(手漉き和紙と水引)を着せてアレンジいたします。
ぜひ彩花までお電話やメールでお問い合わせくださいませ♪

49238901_2256661707934997_590993822121459712_n49786064_2111548489157479_8756099553763000320_n

 

感謝を込めて 想いと共に

花処 彩花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝を込めて 想いと共に

花処 彩花

「東京☆VOICe」に出演させていただきます

MERRY CHRISTMAS!!

師走、年末、クリスマス☆皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、本日(12/25)16時~ のネットラジオ「東京☆VOICe」(パーソナリティー:丸山あいさん)に出演させていただきます♪

【Shibuya Cross-FM】http://shibuyacrossfm.jp/program/tus/16.php

よろしければ是非ご覧くださいませ。

感謝を込めて 花処 彩花 主人☆女将

『ぶらり途中下車の旅』をご覧くださりありがとうございました!!

先日は『ぶらり途中下車の旅』をご覧くださり、誠にありがとうございました。

どのように編集・放送されるのかは、私共も当日観て知りますので、ほんとうにワクワクとしておりました。みなさま、いかがでしたでしょうか?

番組でも紹介されましたとおり、私は15年程お世話になった会計事務所を辞め、この花処 彩花(以下、「彩花」)を始めました。きっかけは東日本大震災の2か月後の母の日に、仲間と共にカーネーションを被災地の方々に届けたことでした。その時、小さな女の子が置いてあったカーネーションをパッと手に取り、「ママー  おはなーー!!」と駆け出した姿に、私の心が震えました。極限の状態であっても、お花の彩りは人の心を揺り動かすのだなと。お花の力って凄いな~~と。それがきっかけとなった原体験です。

番組では綺麗な内容でまとまっていましたが、実は彩花スタート当初から、つい1年半くらい前までは彩花の切り盛りを女将とスタッフさんに任せっきりでした。店主の私は何もしてない… 出来てないに等しかったのです。女将だってお花屋さん素人です。なのに温かい言葉ひとつかけてあげられず、一歩踏み出しもせず。あ~~~ まったく!!な感じでした。今思えば自信がなかった、他人の目を気にして見栄を張っていた、周りの人の有難さを本当の意味でわかっていなかったのです。はっきり言ってダメダメでした。。。

彩花の想いを伝えられるようになったのは、ここまでずっと、そうやって手を抜かず自分以外の人のために、と労を惜しまずにやってくださった周りの人たちのお蔭だと、今は痛感しております。36608683_1038719492969645_5851313687150723072_n

そしてこれから彩花の想いを多くの人たちに伝えていくには、皆がそれぞれの持ち場・役割を一生懸命に果たさせていただく!これしかありません!!例えばコンサートで、アーティストやスタッフさん、裏方さん皆がそれぞれの持ち場・役割を一生懸命果たすことで素晴らしい演奏演出をお客様にお届けするのと似ているかもしれません。彩花も誰が欠けても成立しないし、誰が上だの下だのそんなもん無く、皆が力を発揮してこそ彩花らしいってもんだからです♪

人が持つ、人それぞれのその時の大切な想いを、お花と言葉で届けたい。受け取った人が嬉しい!と笑顔になり、贈った人へと再び想いを伝え… そうやってどんどん想いが循環していったら、この世の中はどんどん明るくなるよね♪ それが彩花の想いです。だから彩花のアレンジはオンリーワン。あなたの、いまこの時の想いはオンリーワンだから。

ご覧くださり、ほんとうにありがとうございました。

引き続き、どうぞ彩花をよろしくお願いいたします。

感謝を込めて

花処 彩花 主人

【 みんなへ ~彩花の日(8月7日)を前に胸の内を語ります~ 】

花処 彩花(以下、「彩花」と言う。)は、2014年10月1日に日本橋人形町でプレオープン、2015年2月20日に現在の地 九品仏でオープンさせていただきました。どちらもご縁と多くの人たちの協力、助力、応援があったから出来たことでした。

このように筆を執り、その時その時を振り返ってみると… いろいろな感情が蘇ると共に、改めて大っきな“ありがとうございます”の想いがこの胸に押し寄せてきます。

 

“ありがとうございます”

 

親兄弟ではない多くのみなさんが、大切な自分の時間や労を惜しみなく注いでくださいました。

最近でこそ、「お花を頼む時は、彩花さんで!」と仰ってくださるお客様がひとり、またひとりと現れてくださり、みなさんの尊い想いをお花と言葉で表現させていただけることが増えました。これは本当に素晴らしく、決して当たり前ではない恵まれた時間・空間です。

 

でも、振り返ってみれば、僕が本当の意味で彩花にコミットし、お客様と向き合い、お花をアレンジし、言葉を紡ぐようになったのは、まだほんの1年とちょっとです。

それまでの約3年は、女将をはじめスタッフのみなさん~今も彩花に居てくださるスタッフさん、今は残念ながら居ないスタッフさん~が試行錯誤を重ね、“彩花らしさとは”“彩花のスタイルとは”、言わば

 

彩花の土台

 

を作ってくれたのです。ですから彩花のスタッフさんはみんな、お客様の想いを感じてお花で表現するということが出来るのです!!これは決して一朝一夕で出来ることではない、正に“彩花らしさ”“彩花のスタイル”の体現に他なりません。

 

はっきり言ってゼロからのスタートでした。

あ、いや、、、

僕は彩花をオープンしてからも実は1年弱も前職を辞められずにいたので、もっとはっきり言うと、だいぶマイナスからのスタートだったと思います。

お店オープンの準備、プロモーションの企画や製作、オープン後の仕入、接客、スタッフさんとのコミュニケーション、その他膨大なことを女将に任せっきり、その女将の支えをスタッフのみなさんに頼りっきりでした。

「それでも俺には俺の仕事があるんだから仕方ないじゃないか!」そんな態度をとり続けていたと思います。

 

彩花の主人だけが、彩花の仕事を何もしていない…

 

女将には本当に言い尽くせぬ苦労をかけ、スタッフのみなさんにも不快な想いをさせてしまったと思います。

 

にもかかわらず何も分かっていなかった僕は、、、前職を辞めてからも自分はお花をアレンジするでもなく、いろいろと理由をつけては逃げていたように思います。だけど、

 

お金を出しているんだから

 

と、まあ、しゃー しゃーと無理な指示や要求ばかりするわ、細かいことにまで口を出す有り様(正に何様!です)。いま振り返れば、

 

「じゃあ、お前がやってみろよ!!」

 

な世界だったろうな…と思います。

それでも「学さんも忙しいから」「学さんも一生懸命がんばっているから」と、許してくれたスタッフさん、大目に見てくれたスタッフさん、いつか気づいてきっとやる人だからと信じてくれたスタッフさん…  そう、だから

 

女将、スタッフのみなさんとそれを支えてくれた人たちのお蔭で

彩花の土台は出来たのです。

 

女将とスタッフのみなさんにどこかで、そうどこかのタイミングで、

 

「やってられん! もうやーめた!!」

 

と言われていたら… 今の彩花は存在しない。間違いなく。

 

女将が全身全霊で彩花を守ってくれた。

 

だからこそ、今の彩花が在ります。やっと様々なことに気づけました。そしてその大変さ、苦悩、辛さの半分くらいしか理解出来ていないかもしれないけれど、これからは作ってくれた土台に、今度は僕が先頭をきって全力で城を築いていくつもりです。これが、迷惑や苦労をかけた人たちへの謝罪の気持ちでもあり、恩返しだと痛感しています。

 

 

どんな城を築こうかな。

 

人の想いが繋がる

いろんな形をした自由な想いが発する

人が、世の中が、もっと明るく、どんどん明るくなれる城

どう?

僕は花と言葉で♪ みんなはどんなことで?

 

そんな城を築くのだって、ひとりの力では出来やしません。だからまた多くの人たちの力をお借りします。

どうでしょうか、同じ種(想い)を持っているのなら、一緒に彩花の土台に植えてみませんか?! 良好な結合(コラボレーション)はシナジー生みますから。明るさシナジー ワクワクシナジー おもしろいよね、きっと♪ そして、

 

今度は主人が先頭をきって進みます。

 

想いの詰まったしっかりした土台があるからこそ、城は築かれる。土台の存在を忘れたなら、城は間違いなく崩れることを肝に銘じて。常に土台を忘れず、土台を作ってくれた人たちの労を忘れず。

 

みんなの城にしたい!!

 

彩花という城は、主人 学のものではなく、みんなの城にしたい!! 誰かの所有物ではなく、みんなの手の垢ついた、みんなの手の垢でテッカテカに輝くそんな城です♪ あ、なので先に言っておきますね。何度も言っておきますね。

 

彩花 ≠ 花屋

 

です。

お花を売っているのではなく、あなたの尊い想いを大事な人へと届けています。よかったらこちらもお読みいただけたら嬉しいです♪

 

http://bihana-saika.co.jp/omoi

 

花屋だからお酒はちょっと…

え、すでにもう、花に囲まれてお酒の会やってますよ!

花屋だからコンサートとかは無理でしょ…

え、すでにもう、コンサートもやりましたけど♪

人が明るくなれる「場」それが彩花です。そして、彩花はもはやお店という「場」だけにとどまらず、彩花自身が“彩花”というブランド、コンセプト、アイデンティティーの

 

体現者になってきています。

 

だからこれから、彩花はお店を飛び出してあらゆる場所で、あらゆる自由な想いを持った人たちと、お互いを生かしあえると確信しています。

 

なのでみなさん、共にワクワクすること、世の中がどんどん明るくなること、共に共にやりましょう♪

 

きっと今まだ世の中に無いこと 生まれます… そりゃそうですよ…

 

あなたと彩花とでやるんですもの♪

 

あなたの内に秘めたワクワク と 彩花の外に出始めたワクワク と…(笑)

 

あなたをナメんな!

彩花をナメんな!!

 

そういうことで、みなさん、これからも彩花をどうぞよろしくお願いいたします!!!

 

Let’s Go 彩花

感謝を込めて

主人 石田 学

 

想いを表現するということ

<男性からのオーダー・聴かせていただいたエピソード>
同世代で 「あいつ、スゲーなぁ」と思う友人が新たな会社を数人で立ち上げました。100年先の子供たちに、彩り豊かな世界を残したいというのが新会社のコンセプト。
とてもお洒落で、自分磨きに余念がない人です。普段はとてもロジカルな仕事(左脳的)をしていますが、アート(右脳)とサイエンス(左脳)のバランスを常に意識しています。
そんな友人の新たな門出にお祝いのお花を贈りたいのです。

<アレンジメント>

画像をクリックすると大きくなります
画像をクリックすると大きくなります

<添 言葉>

画像をクリックすると大きくなります
画像をクリックすると大きくなります

多種多様な姿かたち、まさに彩りも様々な花たちでアレンジしました。主張しあい、譲りあい、想いあう。大人も子供もみんながキラキラ輝いている。そんな本来の人間同士の姿を花たちで表現しました。そんな姿こそが100年先の豊かな彩り溢れる世界のためのシーズ(種)だと感じたからです。
特に大人! 大人のみなさん、キラキラ輝いていますか?? 子供たちは見ています! 次に大人になる今子供のみなさん、大人になってもワクワクする気持ちを忘れないでね♪ あなたたちの背中を次の子供たちが見ているから!
聴かせていただいたエピソードから、こんな想いとヴィジョンが溢れまして、こんなアレンジと言葉になりました。

みなさま
あなたの 今その想いはオンリーワン
だから彩花のアレンジはオンリーワン
みなさまの想いをかたちに

※ ただいま、オンライショップでの受付は行っておりません。是非お電話やメール、ご来店頂けましたら幸いです!!

生きるということの再確認〜お花たちに感謝を込めて〜

みなさま こんにちは♪

彩花 女将として、本当に久しぶりの投稿となってしまいました。

少し長くなると思いますので、お時間がある時にお付き合いいただければ幸いです。

来年の2月、九品仏 今の場所に店舗を構えさせていただき3年になります。私はその数年前から違う職業で起業をしていたのですが、店舗運営は初めての経験で。。。

例え1日 来店者がいなかったとしても、開けておかなければいけない。正直、それには経費がかかりまくりです(^◇^;)

私たちが扱っているお花というのは、私たちと同じように生きているので、思った通りにはなってくれません。

まだまだ咲いてくれるよね。。。とこちらが思っても、あと数日しか生きられないだろうと思われるお花をお客様に提供することは出来ません。一体 この命はどこへ連れていってあげたら良いのだろう?と日々悩み、涙を流したこともあります。

しかし、そんな少しネガティブになっていた私に光を与えてくれたものがあります。

それは、オープン間も無くから開催させていただいている

「和ばら」撮影会。 私にとってはお兄ちゃん?起業家としての大先輩 猪瀬  祥希さん パーソナルハピネス 代表が カメラマンとして、お花を美しく、自分らしく撮ろう!というのが趣旨の彩花店舗での撮影会。

毎回、毎回 笑顔。。。いや爆笑が絶えない撮影会

17554576_1235742433213868_6738098963177165971_n 17523240_1235742436547201_8870059423349370899_n 16602691_1187907731330672_3828162248721740734_n

「いつも こんなに楽しいのですか?」と参加してくれる方々が口を揃え言ってくれます。

それも本当に嬉しい。。。 そんな撮影会に当初から皆勤賞に近く参加してくれているのが、私の母です。

もともと、お花と写真が好き。でも、20年以上 経営者として

どんな時でも、経営者魂を忘れず どんなに身内に誹謗中傷されても やり続けてきた母。私 自身もそんな母に反発したこともありました。

でも、奇しくも私も経営者となり、 母からのアドバイスは本当にありがたい。。。

そんな母も、私が様々な経験をし 年を重ねるのと等しく 歳を重ねる。

やっと 経営者として同じ立場で話しが出来るようになった時。。。母はそれなりの年齢になっていて、体力的なこと、老後のことを考え、自らビジネスの縮小を実践していました。

そんな母は、とても小さく、寂しく 私は本当に心配で仕方がなかった。この先どうなるのだろう?と。。。

そんな時、もともと好きなお花とカメラを彩花で体感してくれました!

講師の猪瀬氏に写真の自然で人間らしいカメラのレクチャーを受けた母は、みるみる内に元気を取り戻し 今では写真を撮るために、友人たちと旅行の企画をしては、重い一眼レフと三脚を持って、旅を楽しんでいます。

そして、何より 本当に元気になった!! 私がどんなに心配しても、何かをしても出てこなかった元気が母に戻ってきました。

生きるという楽しさを再確認した。。。と言って。

彩花店舗は商店街の外れの地下にあります。

しかも、アレンジや花束の作り置きもしない。

それは、お花を通して想いを伝えたいから。。。 差し支えない範囲でプロフィールやイメージをお聞きして お作りする。

生産性と考えたら、本当に効率が良くないかもしれない、

それでも、オンリーワンのお花をお届けしたい。

そんな覚悟が出来たのも、母が 生きる楽しみを再確認した!という言葉だと思います。

来年に向けて 彩花も もっとオンリーワンが身近になるよう
様々なリニューアルを考えております。

生があるお花と共に、どうぞ みなさまの想いを 彩花に託して下さい。

そして、心と心が触れ合うお手伝いを 彩花にお手伝いさせて下さい。

彩花 女将として、彩花にご縁をいただいたみなさまに

心より感謝申し上げます。

長々とお付き合いいただき、本当にありとうございました。

良いお年をお迎え下さい

感謝を込めて

女将 美保